OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2016年度 ]

【留学】ハンガリーからの留学だより #2

2016年11月23日 国際交流

ますますグローバル化が進む現代、本学の学生たちも自分を超える力をつけるために海外で学び、日々努力しています。 現在交換留学生としてハンガリーのコドラニ ヤーノシュ大学で学んでいるN.Hさん(人間科学部こども学科3年次 石川県 星稜高等学校出身)からレポートが届きました。

About School

I was stunned that the level of class that I took was completely high. In the middle of October, we had midterm exam of British variety of history that teacher is the strictest teacher in this school. I spend a lot of time to prepare it however I could not write the reliable answer during the test. I am sure that my score will be the worst. I could improve my speaking ability through the presentation and discussion but my reading and writing ability was still not well. Therefore, I decided to write a daily in English using the vocabulary that I learn during the class like a Bridget Jones’s Diary. The most delightful thing for me is that my presentation acquired high evaluation in the dead language class. I introduced the Ainu language using the technics that I learned in Seiryo University. I thought that I was really glad that I knew how to do attractive presentation.

About holiday

We decided to go to Poland this weekend mainly because I want travel around Europe and my friends want to take a selfie in the beautiful view. We know that the view of Krakow in Poland is so beautiful that everyone recommended me to go there. Therefore, we made the three days. We picked up several photogenic places in Warsaw and Krakow. These places were so beautiful that I could not pronounce the words. I enjoyed a lot having Polish cuisine, taking photos and talking about the difference between Hungary and Poland. One of my friend said, Polish people is not nice compare with Hungarian. They always walking quickly and do not smile to foreigner. I nodded this opinion and we missed Hungary and Hungarian soon. 

After the conversation, we found that my friend’s couple had quarrel each other. I thought they tended to break up their relationships because the girl told me that she hated this man and her boyfriend was terrible. We spend a half of day in a bad mood. However, after night walk, they finally made up. I was relieved to hear that because I wanted to enjoy the trip all of them. I am looking forward to having an adventure next time including happenings.

授業に関して(英語・専門科目)

10月の半ばに中間テストが行われました。テストの結果はまだ分かりませんが、多分ものすごく悪いと思います。
授業のレベルは専攻によって全然違うのですが、私が受けている授業は軒並み高くて驚きました。
特にAlbert先生の授業は本当に難しいです。中間テストの問題数は期末試験並みで、問題も厳しいところを突いてくるので、試験中は冷や汗が止まりませんでした。
私はこのテストのために友達の誘いを断ったり、パーティーにも参加しなかったりして一生懸命勉強していたのにも関わらず、雲を掴んだような曖昧な答えしか書けなくて悔しかったです。
Speakingは日本にいた時よりも飛躍的に向上しているのですが、WritingやReadingはやはりコツコツ勉強しないと伸びないということを痛感しました。

学習環境・キャンパス・学生交流等について

コドラーニ ヤーノシュ大学のブダペストキャンパスはとても小規模の学校なので、自習などで使える部屋はとても少ないです。なので、みんな寮や他大の図書館で勉強しています。
この間、もう一つのキャンパスの近くで新入生歓迎パーティーがあったので友達と行ってきました。ドレスコードがあって少し驚きましたが、新入生や他の留学生と楽しく話せて良かったです。

ホストファミリーや寮での生活について

この間、同じ寮に住んでいる他の留学生の部屋に行ってきました。その子たちの部屋は私の部屋の真上なので、部屋の造りは一緒なんだろうなと期待せず向かうと、なんとすごく部屋が広くて驚きました。
私たちの部屋はキッチンとシャワー室とトイレとリビングと自分たちの部屋しかないのですが、その子達の部屋にはすごく広い作業部屋があって本当に羨ましかったです。一番ショックだったことは。私たちは13人で暮らしているのに、彼女たちは10人でこの部屋を占領していたことです。
私たちは管理人を恨みながら、何とかして部屋を大きくする方法はないのかと考え、ついにクローゼットで封じられた鍵のかかった部屋を見つけました。ですがどの部屋の鍵とも合わなかったので、次に管理人に会ったときに聞こうと思います。

10月の中旬に誕生日を迎えた子がいたので、寮のみんなでサプライズ誕生日会をしました。
こっそりケーキを注文したり、「お誕生日おめでとう。」と言う前にみんなで隠れたり、準備期間中すごくソワソワしているのが止まりませんでした。誕生日を祝っている間その子もすごく喜んでくれていたので本当に嬉しかったです。
カザフスタンの誕生日会では、その日誕生日の人にその年叶えてほしい願い事を一人ひとりその人に向かって言う慣習があるので、私もその子に願い事をかけました。
願い事の内容は秘密ですが、ちゃんと叶えばいいなと思ってます。

Student Voice from Hungary