OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2017年度 ]

【国際交流】留学生が飛騨高山・白川郷で日本を学ぶ

2017年06月13日 国際交流

5月28日(日)

本学の留学生が飛騨高山・白川郷を訪ね、日本の昔ながらの街並みを散策しました。

白川郷には初めて訪れる留学生がほとんどで、引率教員による日本文化と歴史の説明を興味深く聞いていました。留学生は母国にも類似した地域や道具があることを説明しあうなど、異文化について理解を深めていました。その後の高山市内散策ではそれぞれが名物や特産品を堪能しつつ、散策を楽しんでいました。

参加した留学生の声

T.Kさん(ロシアからの留学生:Irkutsk state university)
私は歴史が大好きですから、白川郷と高山を訪れることはすごい機会だと思いました。白川郷には古くて伝統的な家がたくさんあります。私にとってこれはとてもおもしろかったです。そして、食べ物もおいしかったです。高山の町で私は博物館を訪問しました。その博物館には古くておもしろい物がたくさんあります。私にとって一番おもしろいものが武士の鎧でした。
A.Aさん(インドネシアからの留学生:Binus University)
たくさんの古い日本の家があって日本の文化も勉強できました。それに食べ物もおいしかった。観光客で混んでいますが、雰囲気がよくて景色もすばらしかったです。そこに住みたいくらい感動しました。古い建物や歴史があるものが好きな私にとっては白川郷と高山はいいところです。京都もいいけど、やっぱり白川郷と高山はよかったと思います。