OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2017年度 ]

【池上フィールド】学生が案山子づくりで農村地区アピールに貢献

2017年07月28日 TOPICS

人間科学部こども学科の池上教授のゼミナール2~4年次(以下、池上フィールド)が、石川県珠洲市狼煙町横山地区で案山子づくりの活動をしました。

今回の活動は、狼煙町横山地区の住民で構成される横山振興会と池上フィールドが協働で、珠洲市内の保育園児や小学生と保護者を対象に農村文化の案山子づくりを通じ、今後の持続可能な地域づくりに寄与することを目的として実施しました。
今年は奥能登国際芸術祭が行われるため、横山地区のアピールに貢献することが期待されます。

学生たちは、農村の豊かな自然環境の中で地域住民や子供たちとの交流を通じ、有意義な体験をしました。
近くへ行った際には、ぜひ案山子をご覧ください!

参加学生のコメント

M.Mさん 人間科学部こども学科4年次 石川県 金沢伏見高等学校出身
案山子造りの活動は今回で2回目でした。今年は4年次という事もあって、自分が全体をしっかり纏めないといけないと緊張していましたが、地域の子供達と一緒に案山子を作っているうちに楽しんで活動することが出来ました。
来年は学生として参加する事は出来ませんが、是非、この活動を続けてほしいと思います。
M.Hさん 人間科学部こども学科3年次 石川県 羽咋高等学校出身
今回で2回目となる案山子造り。今年も個性いっぱいの案山子を造り、田んぼ沿いがとても賑やかになりました。
また、珠洲の方々との交流を通し、地域の人達の温かさを感じる事が出来ました。
地域の方々と交流する機会があまり無いなかで、実際に学生が地域に入り込み、その地域の特色に触れる事が出来るとても良い機会となりました。