OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2017年度 ]

学生FDサミット2017夏 開催されました

2017年09月13日 TOPICS

8月31日(木)~9月1日(金)

本学において第15回学生FDサミット2017夏が開催されました。
今年のテーマは、「みんなで考える理想の授業 ~温故知新!学生FDの今昔から~」です。

全国の大学・短大より学生、教職員約200名の参加がありました。福井大学研究推進課研究協力係長の鎌田康裕氏より「大学を学びながら遊ぼう」をテーマに講演が行われ、その後の“しゃべり場”で学生たちは、7~9名ずつの班に分かれグループ・ディスカッションをしました。

課題は『シラバスを創ろう』です。お互い初対面の学生どうしでしたが、意見や提案が活発に飛び交うなど、積極的にコミュニケーションが取られていました。

それぞれのグループから興味深い内容が発表され、皆聴き入っていました。参加者からの様々な質問にも分かりやすく返答がなされ、有意義な“しゃべり場”となりました。
学生FDサミットとは…
「学生FDサミット」は、全国約60大学から学生FD活動に取り組む学生・教員・職員が集結し、各大学における成果を発表しあい、日本の大学教育における課題等について共有、議論する場です。

参加学生のコメント

学生FDサミット実行委員長 M・Mさん(経済学部経済学科 2年次)
学生FDサミット2017夏in金沢星稜大学が8/31,9/1と2日間にわたり行われました。
全国各地から、金沢星稜大学を含め37大学、212名の学生、教職員の方々にお集まりいただけました。サミットのテーマは「みんなで考える理想の授業~温故知新!学生FDの今昔から~」ということで、参加者の方々にはグループに分かれ、2日間を通して一つの授業のシラバスを作ってもらい ました。

内容がシラバス創りという難しいものだったのと、スタッフが25人と限られた人数だったのでかなり不安 があったのですが、参加者の皆さん・スタッフの協力で、どのグループもおもしろくてしっかりした内容のシラバスが出来上がったのを見てとても感動しました。このサミットで実行委員長という役割をさせてもらって、今までこんなに大人数をまとめたり指示を出したりする経験がなかったので、当日予想外の問題が起きたりしたときは余計に不安になったりしましたが、ス タッフの協力のお蔭で責任を持って、2日間のサミットを終わらせることが出来たと思います。

この経験は私にとって大切な経験になりました。未熟な私を助けてくれたスタッフや教職員の方々にはとても感謝しています。これからも学生FDの活動を続け、出来るなら引っ張っていきたいと思いました。