OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2018年度 ]

【こども学科】「器楽II」受講生によるおさらい会

2019年02月18日 TOPICS

2月12日(火)

人間科学部こども学科の必修科目である「器楽II」では、保育士や幼稚園教諭、小学校教員に必要なピアノと歌の技術を身につける授業を行っています。
毎年、本学の稲置講堂において受講生による「おさらい会」を開催しており、今回が第12回目となりました。

プログラムは、後期期末試験で優秀な成績をおさめた上位21名のピアノ独奏と、履修者全員での合唱です。独奏した学生の半数は大学に来てからピアノをはじめて触った学生で、ペダルを使った綺麗な演奏に会場からは大きな拍手が送られました。
会場の講堂では、学生自身が照明や場面転換も行い、保護者や教員、先輩などが見守る緊張した雰囲気の中、無事に弾き終わった学生には安堵の顔も見られました。

参加学生のコメント

人間科学部こども学科 1年次 A・Kさん(石川県 金沢桜丘高等学校出身)
私はおさらい会で、バッハの「プレリュード」という曲を弾きました。稲置記念館という広い場所での発表会で、トップバッターで弾くことはとても緊張しましたが、練習してきた日々を信じて落ち着いて弾いたことでほぼ完璧に弾くことが出来たので良かったです。
最初は両手で弾くことに慣れず、右手と左手を同時に動かすことにとても苦労しましたが、練習を重ねていくうちに徐々に動かせるようになっていきました。経験者も多い中で焦ることもありましたが、自分なりのペースで頑張ることができました。
1年前、器楽の授業で初めてピアノを触り、楽譜の記号も読み方も全くわからない状態から始めた私がここまで弾けるようになったのは、優しく丁寧に指導してくださった直江先生のおかげです。今回の発表会では、その成果をお見せすることが出来て良かったです。 これからもたくさんの曲を練習して、将来に役立てていきたいと思います。

人間科学部こども学科 1年次 H・Uさん(石川県 金沢桜丘高等学校出身)
「緊張」 この2文字が私にとっては最大の天敵です。
私は昔から自信のないことに関しては、力を出さなければいけない時に緊張して頭が真っ白になってしまう性格です。ピアノを弾く、音符を読むということは、今までの人生において全く関わってない分野だったので自信がありませんでした。ですからみんなの前で曲を披露するという形式のテストは、緊張して頭が真っ白になり、練習をしてテストに臨んでも、みんなの前に立つと手が震えて楽譜がサーーーッと頭の中から飛んで行きました。その結果、恥ずかしながら私は再テストの常連として周りのみんなからも認識されていました。
器楽の一番最後のテストは、稲置講堂のステージで披露する発表会という形で行われます。私は、その運営に携わる音楽係を引き受けたのですが、今考えると、これが全てを良い方向に変えてくれたキーポイントでした。
発表会の運営には先生は殆ど関わらず、学生のみで進行されます。 ふと気づくと、自分の演奏の出番は終わっていました。なぜなら、私は本番当日係の仕事が忙しすぎて自分の演奏に対する緊張の意識を持つ暇がなかったのです。
おさらい会というのはその発表会で成績が優秀だった人が披露する会になります。私にとっては全く無縁の会だと思っていましたが、発表会を経て、私はその会の独奏として選ばれてしまいました。
おさらい会は保護者の方も来るので絶対に緊張する。そう思っていました。しかし、本番当日、緊張という感情は出てきませんでした。
いつもみたいに頭から音符が抜けることもありませんでした。おそらく、音楽係で音楽という分野を通してみんなをまとめることにより、音楽そのものに対しての自信がついたんだと思います。はじめは単位がもらえるか不安な思いだったのに、最終的にはみんなの前で披露するにまで至りました。もちろん、おさらい会の練習はいつもの何倍もやりました。結果全てが良い方向に進んだと思います。
音楽係や練習全てが私にとってとても良い刺激になったと思います。この器楽で得たことをこれからの日々の学習にも繋げて行きたいと思います。

人間科学部こども学科 1年次 S・Dさん(石川県 金沢高等学校出身)
おさらい会では、器楽履修者のうち21名によるピアノ演奏、各クラスによる合唱、履修者全員による合唱が行われました。
私は小学校の頃にエレクトーンを習っていましたが、ピアノは未経験でした。そのため、今回のピアノ曲発表にはペダルの踏み方が分からないなどの苦労がありました。しかし、先生方に分かりやすい指導をしていただき、曲を完成させることが出来ました。
ライトアップされたステージに立つことはとても緊張しましたが、人前に立つ良い経験となりました。また、周りの人と動きを合わせることや、堂々と歩くことの大切さなどもおさらい会を通して学ぶことが出来たと思います。これら経験を今後の実習などに繋げていきたいです。