OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2019年度 ]

【就職】ほし☆たび屋久島 #2

2019年04月27日 就職・資格

3月26日(火)-30日(土)

明治維新の立役者西郷隆盛。フェリーでその地である鹿児島に着いた「星稜男子」は、勇気と実行力で時代を切り開いた西郷隆盛の偉業に思いを馳せ、第二次世界大戦末期に若くして戦死された特攻隊員のご遺徳を回顧。世界遺産の島「屋久島」へ渡り、太古の昔からそこにある縄文杉に会いに行く往復22Km、約9.5時間のトレッキングに挑戦しました。
久々の国内での「ほし☆たび」は、ちょっと昔と悠久の昔を感じながら「ジブンのこれまでと、これからの人生」を考える旅でした。
 
MISSION
  1. ジブンのことを、もっと知ろう
  2. 人生を、もっとぐっと考えよう
  3. 残りの学生生活をどう過ごすか、プランニングしよう
 
学生たちは3つのミッションを達成すべく、それぞれの旅を充実させました。この旅に参加した学生が感じたこと、気づいたこと、変化したことを紹介します。

経済学部経営学科

新たなものとの出会いは自分に大きな影響を与えてくれる

経済学部経営学科 3年次 N·Nさん(富山県 南砺福野高等学校出身)

将来のビジョンを見つめ直す
一番有益だったと感じたことは、今回のほし☆たびで知り合うことができた人との出会いです。同学科の同学年の人たちとは交流する機会がありますが、他学科や他学年の人たちや大学職員と話す機会は滅多にありません。今回の旅で一緒にグループ活動をし、他愛のない話や真面目に進路や将来の話をしました。一人ひとりの行動の様子を見て自分にはない物事の考え方、人との接し方、周りを巻き込むコミュニケーションの方法、好感が持てる人の人物像について考えました。
自分の将来のビジョンを見つめ直す時間を持つことができました。

毎日の生活にベストを尽くす
屋久島で見渡す限り広がる樹齢1000年を超える杉が大地にしっかりと抱きつくように、幹ほどの大きな根を張り、逞しく空へ向かって聳え立つ姿に感動しました。自分も内に縄文杉のような太く強い芯のある人間になりたいと思いました。 それは、自分に自信がある人間だと思っています。自分に強い大きな自信を築きたい私に、「ほし☆たび」はその答えを教えてくれました。自分の興味関心のある事に探求心を持って、とことん打ち込むこと、毎日の生活にベストを尽くすことに本気になることだと分かりました。

青春を謳歌せよ

経済学部経営学科 3年次 K・Oさん (富山県 石動高等学校出身)
 

漠然とした学生生活に終止符を
入学してから二年間は漠然といい企業に就職したいと思ってはいたが、何もせずただバイトばかりをしていた。ある程度のお金がたまる一方で、「大学生はあまりおもしろくないな」とも思っていた。高校時代に思い描いたキラキラとした大学生活には程遠かった。しかし、ある授業で周りの星稜大生がいろんな体験や経験をして充実した日々を送っていることが分かった。この時気づいた。大学生活が楽しくないのはこの環境が悪いのではなく、自分のせいであった。
そこから思い切って参加した「ほし☆たび in 屋久島」では、初めて訪れる地、SNSでしか見たことのない景色、海に入りながら騒ぐ新しい友達、普段しない読書。すべてが刺激的であっという間に時間がたち、この春休みで経験したことを他の友人らに聞かせてあげたいほどである。

やってみなければ分からない
物事は失敗や恐怖といったマイナス要素を考える前に、やってみなくては分からないことが多くある。やってみて失敗することはある意味いい経験にもつながる。今後、積極的にインターンに参加したり、企業や社会人のところへ赴き、自分がこれからどのような人生を歩みたいのか、どんな社会人になりたいのか突き詰めていきたい。

自分を変えるきっかけをくれた旅

経済学部経営学科 2年次 K・Kさん (石川県 野々市明倫高等学校出身)

人生の選択肢が無数にある幸せ
キックオフ研修で見た映画『永遠のゼロ』では、戦時中の若い兵隊たちの姿がリアルに表現されていました。戦争などを大事にした作品はあまり見たことがなかったのですが、過去のことだとして片づけてしまうわけにはいかないと感じました。その想いは知覧特攻平和会館に行ってより一層強くなりました。兵隊たちの特攻前日の写真などを見て、本当はとても心優しい人なのだと伝わってきました。戦争がなかったら、どれだけ違う人生を歩めていたのだろうと考えると胸が痛くなりました。現代を生きる若者の一人として、人生の選択肢が無数にある幸せを噛みしめて生活していきたいと思うようになりました。

在学中に一人旅をしたい
約一週間の旅を終えて、新しいものに触れることの楽しさを感じました。同じ日本国内でも全く知らない文化があり、屋久島の広大な自然を目で見て、こんなにもきれいなものがあるのかと感動しました。トレッキングを終えてから、国内外に拘らず、多くの綺麗な景色を見たくなりました。そこで、度胸が足りていない自分を少しでも変えるため、在学中に一人旅をしたいと思います。そのきっかけをくれたほし☆たびでの経験を忘れず、活かしていきたいです。