OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2019年度 ]

【国際交流】学生が創る国際交流~加賀文化体験~

2019年06月26日 国際交流

6月15日(土)

石川県周辺の魅力を発見するため、台湾、インドネシアからの留学生11名と日本人学生9名が 加賀市を訪ねました。
加賀伝統工芸村 ゆのくにの森の体験工房では漆を使った沈金体験を行い、学生たちは真剣な表情で思い思いの作品を作っていました。

体験後は月うさぎの里でたくさんウサギと触れ合い、その後は温泉街を散策しました。足湯につかる学生や温泉たまごを作る学生、温泉に入る学生などそれぞれが散策を楽しんでいました。
初めて温泉を体験した留学生もおり、日本特有の温泉文化に感銘を受けているようでした。

参加学生のコメント

経済学部経済学科 3年次 K・Mさん(石川県 大聖寺高等学校出身)
Seiryo Ambassadorsの一員として今回のツアーを企画した目的は2つあります。1つは留学生に自分の地元である加賀の魅力を伝えたかったという点です。加賀の伝統工芸や温泉など地域特有の文化を体験してもらいたいと思っていました。留学生からは「日本人学生と一緒に旅行に行きたい」という話も聞いていて、今回の企画を実施しました。
2つ目は留学生と日本人学生との距離をもっと縮められたらという思いがありました。一緒に行った文化体験や足湯・温泉体験でのコミュニケーションを通して距離感が縮まったと思います。特にインドネシア出身の男子学生と露天風呂に入りながら、今度は温泉に宿泊したいという話になったのが印象に残っています。
参加した学生からは「楽しかった」、「また加賀に行きたい」という声が多く聞けて嬉しかったです。

D・Pさん(インドネシアからの留学生)
私は留学生です。インドネシアから来ました。今は金沢星稜大学で日本語を勉強しています。日本語が上手になりたくて、また、たくさんの経験をして色々な所に行きたいので、日本に来ました。
金沢星稜大学にはたくさんのイベントがあります。6月15日には日本の学生と留学生が加賀へ行きました。そこで色々な所を訪れました。私にとって一番印象に残ったことは『ゆのくにの森』の文化体験でストラップに絵を書くことでした。ストラップに絵を描くのは初めてなので、とても楽しかったです。
沈金体験というもので、初めての経験でした。他のイベントにもまた参加したいです。