OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2019年度 ]

【国際交流】国際キャンプ~能登の廃校で異文化交流~

2019年07月16日 TOPICS

6月29日(土)・30日(日)

留学生と日本人の学生23名が、能登で1泊2日の異文化交流を行いました。今回の企画では廃校を利用した「地域交流・連携センターかぶと」に宿泊し、ディスカッションや課外活動、BBQなどを実施しました。ディスカッションでは日本と母国の習慣の違いや考え方について話し合い、お互いを知るよいきっかけとなったようです。

シャワーのお湯がでない、深夜に停電など予想外のトラブルもありましたが、学生はトラブルも含め、廃校での一泊を楽しんでいたようです。

翌日はのとじま水族館や和倉温泉街を散策し、学生はリラックスした雰囲気の中、交流していました。温泉街では総湯で温泉を楽しむ学生、スイーツ食べ歩きをする学生など、それぞれが思い思いに楽しんでいました。

学生のコメント

人文学部国際文化学科3年次 T・Hさん(石川県 金沢桜丘高等学校出身)
私は国際交流課の学生スタッフとして今回のイベントを企画しました。イベント全体の企画や昼食手配、予算設定など、今までやったことがないような経験をし、非常に記憶に残る行事となりました。2日間ともあいにくの雨だったのですが、廃校となった穴水町旧兜小学校に集った顔ぶれは国際キャンプの名の通り、日本人学生と留学生が入り混じった国際色豊かなものでした。最初のディスカッションでは異なる国・地域の視点からの意見が飛び交い、異文化に対する理解が深まる良い機会となりました。それぞれが役割分担をして準備をした夕食のBBQも、より一層美味しく感じました。2日目も複数の観光地を訪れ、思い出に残る時間を過ごせました。夜に想定外の停電が起きた際もみんな冷静で、そのまま眠りにつく学生、スマホの音楽とライトで踊りだす学生、暗闇の中でピアノを弾き続ける学生、怖い写真を撮ろうとする学生などタフな学生ばかりで驚かされました。大変でしたが、常に笑顔の絶えないキャンプとなり嬉しい限りです。
 

Y・Wさん(台湾からの留学生)
私は台湾からの留学生です。初めて小学校でキャンプしました!台湾にいたときはずっとこのような合宿イベントに参加してみたかったので、とても楽しみでした。みんなで一緒に小学校でバーベキューや、体育館でボール遊びをしました。そして男子学生はそのまま体育館で布団を敷いて寝ました。こういう体験に憧れていました。しかも今回は停電体験までありました!みんなが真っ暗な小学校で、外では雨が降っていて、怖い話をするのは本当に最高でした!まるでホラー映画みたいです!またみんなで一緒にキャンプしたいです。