OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2019年度 ]

【人文学部】Islam and Cultureの授業で金沢モスクを訪問

2019年08月05日 TOPICS

7月17日(水)

金沢市に住むイスラーム教徒の生活の実態を知るために、金沢モスクを訪問し、関係者の方にお話しを伺いました。異文化や宗教の考え方、価値観などに触れることができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。
イスラーム教の礼拝の前には必ず手、口、鼻、腕、髪、足を水で清めます。設備にも足が洗いやすいようにシャワーがついており、腕も袖をめくり、しっかりと洗うことを教えていただきました。

参加学生のコメント

人文学部国際文化学科 4年次 S・Aさん(石川県 金沢二水高等学校出身)
モスクの内装は質素な感じでまとまっていました。壁にはアッラーと書かれた額縁や、礼拝の時間を示す時計、床には特殊なデザインの絨毯、白のタイルがあしらわれたお清めの部屋、男女別の玄関など、本当に見慣れないものばかりでした。普段は絶対に入れないような場所に特別に入れていただいたのは大変貴重な経験になりました。また、実際にイスラーム教徒の方と色々とお話をして、昨今の噂で聞く“イスラーム像”がいかにイスラームの実態とかけ離れているかということが改めて分かり、その意味でも有意義な時間を過ごすことができました。

人文学部国際文化学科 3年次 M・Hさん(石川県 金沢西高等学校出身)
さぞ大層な建物なのだろうなと思いながら訪れたモスクは、閑静な住宅街の中に溶け込み、お話を伺った日本人イスラーム教徒のご夫婦もとても親切な方でした。ヒジャーブを付けてのお祈りを体験することもでき、日本人にとっては馴染みの薄いイスラーム教徒の生活を少しだけ垣間見ることができました。味わったことのない不思議な体験でした。