OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2019年度 ]

【経済学部/奥村ゼミ】2019カナカン主催「秋季総合企画商談会」に参加しました

2019年09月13日 TOPICS

9月5日(木)~6日(金)

経済学部経営学科奥村ゼミナールは、食品卸売のカナカン株式会社が主催する北陸最大規模の商談会に今年も参加しました。
この商談会の来場者は小売業者で、北陸を中心とするデパート、スーパー、酒屋など専門店です。全国の食品・酒類・飲料メーカーが集い、「小売業の担当者に自社商品を紹介する」各社にとって非常に大きな意味を持つイベントです。
奥村ゼミはそのメーカーの1つとしてゼミの新商品『のとじまブルーベリーリキュール』を中心に、3商品をプレゼン、商談相手のプロの方々から多くを学びました。

学生のコメント

経済学部経営学科 3年次 A·Dさん 石川県 寺井高等学校出身)
私たち奥村ゼミナールは、9月5日、6日に産業展示館で行われたカナカン主催の「秋期総合企画商談会」に参加しました。この商談会は、私たちのグループ以外は全て、有名な食品・飲料・酒類メーカーの方々であり驚くと共に、本当に貴重な経験ができたと感じています。
芋焼酎『金星』『星稜紅』、そして今年から取り扱いが開始された能登島産の『のとじまブルーベリーリキュール』のPRをしてきました。特に新作のリキュールは非常に人気があり、試飲された全ての方に高く評価していただけ「ぜひ、店に置いてみようかな」と購入を検討された方も複数いらっしゃいました。
一方で、「価格が高いのでは」という声もありました。そのようなご指摘に対し、無農薬で除草剤を使わない土地で大事に育てられた貴重なブルーベリーを実際に学生が朝摘み・選別したことなど、自分たちが手掛けた商品だからこそ、“目に見えない魅力”を自身の経験を交えながら説明し、納得していただくことが極めて重要なのだと学びました。

経済学部経営学科 3年次 M·Tさん 富山県 高岡南高等学校出身)
産業展示館で行われた2日間にわたる商談会に参加しました。「自分のゼミの商品だけど自信を持って紹介できるだろうか」と不安要素があり心配でした。さらに、実際に会場に着いてみると、想像以上の数の企業がブースを並べていて、「こんなにも大規模な会に大学生が参加させていただけるのは本当にすごいことなんだ」と実感しました。
私は2日目の担当だったのですが、2日目にも関わらず最初から訪れてくださる人が絶えませんでした。自分たちの商品に興味を持ってくださる方に、直接会えるということを嬉しく感じました。

今回、商品を仕入れたいとおっしゃる複数の小売業者の担当者様から、「専用ブースを設けるので店頭でも販売促進をお願いしたい」といったお声掛けがありましたので、可能ならば対応させていただきたいと感じています。
特にブルーベリーリキュールに好印象をいただいてくださる人が多く、新商品への期待を感じました。この商談会を通して、自分たちは、大学生ではなかなか経験できないようなことをさせていただいているということを強く感じました。ここで学んでいることを社会人になったときに活かせるように、これからも活動に取り組んでいきたいです。