OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2019年度 ]

台湾協定校で語学、文化、歴史を学ぶ

2019年09月25日 国際交流

8月15日(木)~8月27日(火)

台湾の協定校である開南大学の夏季短期語学・文化研修プログラムに4名の学生が参加しました。毎年夏季休暇中に実施される本プログラムは日本全国の大学から学生が集まり、約2週間、中国語や英語を学びながら、様々な文化体験や現地の学生との交流を通して、台湾について学びます。開南大学の学生寮での共同生活や台湾の学生との交流は学生の連帯感を強め、充実した研修となったようです。

  

学生のコメント

人文学部国際文化学科 2年次 M・Sさん(富山県 大門高等学校出身)
この開南大学の夏季研修では得られるものが沢山あります。研修は中国語コースか英語コースかを選ぶことができ、私は中国語コースを選択しました。中国語を学ぶのは初めてでしたが、台湾の先生が正しい発音を何度も教えてくれ、開南大学の学生とも沢山話すことができるので恵まれた環境で学べました。
中国語の習得に熱心なクラスメイトの姿を見て、私もモチベーションが上がり、最後の成果発表までやり遂げることができました。
学外学習では、台湾の観光地へ行き、文化や歴史に触れることができます。これらを通して台湾の学生や先生、日本全国から集まった日本人学生とも交流を深めることができました。短期間のプログラムですが、授業が終わったあとは現地の学生が様々な場所に案内をしてくれるので、毎日とても濃い内容の日々でした。台湾に興味のある人にはぜひこの研修に参加してほしいです。