OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2019年度 ]

【経済学部/奥村ゼミ】大和デパートで『のとじまブルーベリーリキュール』の試飲会を行いました!

2019年10月11日 TOPICS

10月5日(土)~6日(日)

9月に参加した産業展示館での商談会で大和デパートから依頼された、焼酎に続く3つ目のゼミ商品『のとじまブルーベリーリキュール』の試飲会を、10月5日(土)・6日(日)の2日間にわたり香林坊大和にて10時から17時まで実施してきました。
チラシ配布、商品説明、試飲を店頭で行ったところ、準備した店頭在庫が全てなくなりかけるといったデパート側も想定しなかったほどの好評をいただきました。

学生のコメント

経済学部経営学科 3年次  M・Tさん (富山県 高岡南高等学校出身)
今回、私たちは、香林坊大和でブルーベリーリキュールの試飲販売を行いました。産業展示館での商談会とは異なり、一般消費者の声を直で聞ける貴重な活動でした。北海道展がたまたま行われていたということもあり車のお客様が多く、なかなか試飲していただくことができない場面も多かったですが、実際に飲んでいただいたお客様からは「おいしい」という言葉を多くもらうことができました。
産業展示館で、業者の方にブルーベリーリキュールを紹介したときは、「値段が少し高い」という声が多かったですが、一般のお客様からはその部分に対しての指摘はされず、値段で商品を見るというよりは、実際に試飲してみての『味』が購入意欲の大部分を占めているのかなと感じました。
私が担当していた時間には合計で5本も売ることができ、初めての挑戦にも関わらず納得のいく出来だったかなと思いました。購入していただくことが全てではないのですが、やはり自分たちの商品を買ってくださる人に直接お会いし感謝を伝えられたことは、自分自身の充実感にもつながりました。

経済学部経営学科 3年次 Y・Sさん (石川県 金沢高等学校出身)
私たちは、香林坊大和で先輩達が企画・デザイン・生産に関わってきたブルーベリーリキュールの販売促進活動をおこないました。今回は一般のお客様を対象とした活動であり、9月に行われた企画商談会のように自ら進んで商品を見に来てくださる業者の方々ではないのと、フロア的に酒類以外の商品を求めるお客様がほとんどであった事から、数多くある商品の中から少しでも興味を持ってもらうためにお客様への声掛けを徹底しました。
最初はほとんどお客様に立ち止まっていただけませんでしたが、途中から声掛けで「学生がリキュールの生産に関わっている」と伝えると、立ち止まって話を聞いてくださったり、試飲いただけたりすることが増えていきました。また説明を行う際にも出来るだけお客様の時間を取らせないよう、今までの経験を顧みて要点だけに絞り簡潔に説明が行えるように力を入れました。
試飲された方の中には、今回の店舗(大和酒専門売場)のお得意様でお酒に詳しい方もいらっしゃいましたが、私たちのリキュールに対して非常に高い評価をしていただけました。また、私たちの活動を評価して下さった方も多く、ありがたく感じると同時に大きな自信を得る事ができました。

経済学部経営学科 3年次 K・Nさん (石川県 金沢錦丘高等学校出身)
今回の香林坊大和の活動は、先の産業展示館の時と違って一般の消費者に対するものだったので、購入してくださる方がどんな人なのかを直接知ることができました。パッケージやPOPがかわいいので、てっきり若い人が食い付いてくれるのだろうと予想していました。ところが、私の時間帯では、若い人はかわいいとは言ってくれても実際に購入されるのは年齢が高い方だったので、そこは驚きました。こういった部分は実際に店頭販売をしてみないと分からなかったことだと改めて感じました。
お酒の知識があまりないお客様に対しては、どういった説明をしたら購入まで進んで頂けるのかが分からず、そこはこれから考えていくべき課題だなと思いました。お客様の感想としては、「甘い」という言葉が多数ありました。売り手として、その甘いという言葉から、話を広げていくのが難しかったです。
しかし、試飲してくださって購入いただけたときは素直に嬉しく、産業展示館の時とはまた違った手応えを感じる経験ができました。