OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2019年度 ]

【就職】ほし☆たび上海2019レポート♯1 自分次第でいくらでも変われる

2019年10月16日 就職・資格

9月10日(火)~16日(月)

~海を越えシブンを超える7日間~ ほし☆たび上海2019に参加した大学1・2年次48名、短大1年次4名のレポートが届きました。往路の研修ではまだ緊張で自信がなかったクルーも、先輩スキッパーの支え、上海でお話を伺った駐在員の方からの刺激、そして、自分たちだけで計画した上海市内での旅で多くの出会いをし、パワーアップして、復路の研修では見違えるように積極的でした。

参加学生のコメント

経済学部経済学科 1年次 E・Yさん (富山県 高岡高等学校出身)
「自分次第でいくらでも変われる(スキッパーのことば)」
ほし☆たびを通して本当にその通りだと思いました。ほし☆たびの参加の動機に僕は、「人前で堂々と話したい」というのがあり、その気持ちがあったから、研修の自己紹介やディスカッションも頑張ることができたと思います。
初めての本格的なディスカッション、初めての海外、初めて会う仲間、初めてのことばかりだったけれど、全てが自分を成長させてくれたと思います。この旅で、「迷ったらやってみる」ということが大切だと分かりました。研修での様々なお題や海外の人との交流、実際に自分なりにベストを尽くし、やってみることでそこから学べることがたくさんありました。自分の弱みだけではなく自分の強みも知ることができ、自信に繋がったと思います。ディスカッションではお互いがお互いを高め合い、みんなで成長したということが実感でき、とても有意義な時間となりました。
人前で話すのが苦手だった自分が、最後にはみんなと意見を出し合うのを楽しんでいました。ほし☆たびにいくのを最初は迷っていましたが、本当に行って良かったと思いました。この旅は自分の宝物だ!

人間科学部スポーツ学科 2年次 Y・Oさん(石川県 金沢高等学校出身)
「行くべき!ほし☆たび!」
神戸(出発地)にいた時と大阪(解散地)に着いた時とでは確実に『自分は変わった』と言えます。新しい発見や出会い、研修を通して得た様々な力など、ほし☆たびの全てが自分の中の常識を覆してくれました。「たった1週間の出来事で人は変わることができる」、素直にそう感じた旅でした。
そして何より行って良かったと心から思える旅となりました。物事に挑戦して実際にやってみる、行ってみるということが何より大事だということを体感しました。それぐらいこのほし☆たびには、行かないと分からない何かがあります。 就活を乗り越えて、就職してからも即戦力になり、出世していって誰からも頼られる人間になりたいです。こうなることは様々な責任を背負っていくことになります。その責任も全部預けられるような、だれからも頼られて信頼を得られるような人になりたいです。

人間科学部こども学科 4年次 M・Oさん/スキッパー(石川県 金沢桜丘高等学校出身)
「クルーと共に自分も成長できた7日間」
つい最近まで就活をしていた立場から、後輩を評価する立場になるのは難しく試行錯誤したのですが、こども学科での経験を活かし、私は褒めることを特に意識しました。
研修初日のクルーは、話す時も聞く時も表情がなく、意見もほとんど出ない様子でした。しかし、このほし☆たびに参加しているクルーは、自分を変えたいという熱い思いを持って参加しているので、まずは自分に自信を持ってもらうことが大切だと思いました。そのため、そのクルー自身が気付いていない長所を私が探して、伝えることにしました。(自己紹介で言葉が詰まっているクルーに対しては、原稿を見ずに自分の言葉で一生懸命伝えようとしている姿勢が素晴らしい!など)
その上で、改善点も一緒に伝えてフィードバックを行いました。しかし、個人によって発言回数にばらつきがあるため、全員に同じようにフィードバックをするのが非常に難しく、最後まで上手くできたという実感は持てませんでした。それでも、クルーの振り返りで、私が伝えたことを気づきに書いてくれているのを見て、私の思いはきちんと伝わっていたことが分かり、胸が熱くなりました。回を重ねるごとに成長するクルーの姿を間近で見られて、スキッパーとしてのやりがいを強く感じました。