OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2020年度 ]

【経済学部/奥村ゼミナール】完成までもう少し!星稜ビール発酵中

2021年01月25日 TOPICS

1月15日(金)

経済学部奥村ゼミナールで開発し、現在製造中の「星稜ビール」。
その様子を確認するため、11月に続き、金沢市でビールを醸造・販売している金澤ブルワリー社を見学してきました。
 

ビールは麦を原料に作られます。その麦汁に添加された酵母が糖を取り込み発酵し、この発酵によってアルコールが生まれます。
今回は、その発酵中のタンクの見学とアルコール発酵前のものの味見をさせていただきました。
 
(文:担当教員 奥村実樹准教授)

学生のコメント

経済学部経営学科 3年次 M・Jさん(石川県 金沢商業高等学校出身)
私達のゼミは、作業ごとに班を分けて活動しており、私は味班に所属し、目指すビールの味の方向性についてまとめ、金澤ブルワリー社の鈴森社長にそれを伝える役割を担ってきました。ビールの味のコンセプトは、スポーツで有名な星稜のイメージの“爽やかさ”としました。普段、ビールが苦手な人でも飲めるように、通常のビールよりもすっきりしていて飲みやすく、フルーティーで少し甘めの味を提案し、それに合う酵母や香り付けとなるホップのバランスを考えていただきました。
今回の工場見学では、アルコール発酵前のものを味見させていただき、私達の希望通りの味になっておりとても嬉しかったです。糖化しているということもありますが、実際のビールの匂いも強い甘めの香りがしました。ビールはこれからアルコールが加わり味も変わってきます。どのような過程でビールがこれからでき上がっていくのか、さらに勉強していきたいと思いました。