OPEN

杉林 孝法

杉林 孝法Professor SUGIBAYASHI Takanori

競技パフォーマンスを向上させるには?

役職 教授
専門領域 コーチング・トレーニング論/陸上競技方法論
関連キーワード パフォーマンス/トレーニング/期分け論/競技的発達過程

トレーニング論

授業内容

競技パフォーマンスはトレーニングによって向上させることができます。しかし、やみくもにトレーニングするだけでは期待した成果は得られないでしょう。自らの専門種目を本質的に理解し、目標を定め、科学的根拠に基づいて計画を立てることが基本です。本授業を通じ、これら選手とコーチに必要な基礎力を身に付けます。

ゼミナールでの研究内容

競技スポーツに関する身近な疑問や現在取り組んでいる課題を対象とし、研究テーマに仕立て上げます。研究を通じてこれまでの実践を客観的に振り返ることができ、さらに新たな課題が生まれてくることでしょう。競技スポーツを分析する新たな視点が生まれ、より深く楽しむことができるようになります。

卒業研究のテーマ例

■「走高跳における助走歩数の変化が踏切に与える影響 -逆振り子モデルによる検討-」
■「スクワットにおけるベルト着用が体幹,股関節および膝関節まわりの筋活動と挙上速度に及ぼす影響」