OPEN

齊藤 陽子

齊藤 陽子Associate Professor SAITO Yoko

身体内部の仕組みを学びましょう

役職 准教授
専門領域 運動生理学
関連キーワード 体力評価/健康づくり/血管機能

スポーツ生理学

授業内容

高校までの教科では生物の人体に相当し、スポーツ学科では1年生の必修科目となっています。人体の構造や機能について学び、さらに運動やスポーツを行うと、身体内部にどのような変化が生じるかについて理解を深めます。具体的には、骨格筋、呼吸循環系、エネルギー代謝、内分泌(ホルモン)系、免疫、遺伝子、体温などの話題を取り扱います。

ゼミナールでの研究内容

これまで高校や大学の部活、地域の保育園や老人会等、様々な対象に対して体力や生理機能の評価を行い、データをフィードバックしてきました。トレーニングや健康づくりに少しでも役立ててもらえることを期待しながら取り組んでいますが、うまくいくこともあればそうでないこともあります。学生とともに日々より良い方法を模索しています。

卒業研究のテーマ例

■「アクティブレストの実施タイミングの違いが疲労回復に及ぼす影響」
■「テニス競技における試合状況がサービス予測能力に及ぼす影響」
■「トランポリン運動トレーニングが身体能力に及ぼす影響」
■「バドミントン競技における前腕円回内筋群の静的ストレッチがスマッシュ速度に及ぼす影響」
■「フォームローラーを用いた筋膜リリースが柔軟性および筋力に及ぼす影響」