金沢星陵大学女子短期大学部

NEWSSei-Tan News!

Sei-Tan News!

【Sei-Tan Act】マナーコンテストを開催しました

2019.02.26

2月20日(水)

学生ホールで、2018年度最後のSei-Tan Act「マナーコンテスト」が行われました。
コンテストには、3人1組の3チーム【横野ゼミ】、【学友会】、【一魅理 (イチミリ)】が出場し、ビジネスシーンを想定した、お茶出しや名刺交換、窓口応対など具体的なケースのロールプレイングを行い、社会人基礎力としての対人対応力やコミュニケーション力を鍛えました。また、審査員・特別出演者として短大教職員も参加し、ひとつの課題が終わるごとに講評し、より良い心構え・マナーを全員で学びました。
最初は緊張した面持ちだった参加者も、ロールプレイングを重ねるごとに、表情豊かになっていき、学生各々に「明日、輝く女性になる」意識が芽生えたようでした。

参加学生のコメント

【チーム横野ゼミ】経営実務科 1年次 E·Iさん(石川県 大聖寺高等学校出身)
今回マナーコンテストに参加して、授業で一度習った事でも実践してみると、忘れてしまっていることがたくさんあるのだということを実感しました。忘れていることが多いからこそ何度も練習と実践を繰り返すことが大切だと感じました。またそのことが本番で臨機応変に対応するためのひとつのコツなのではないかと思いました。この経験を今後の就職活動はもちろん、理想の社会人になるために活かしていきたいです。

【チーム一魅理】経営実務科 1年次 R·S さん(石川県 鹿西高等学校出身) 
チームの連携を必要とする課題内容に、達成感や高校時代の部活動で味わったわくわく感と同じものを感じました。ロールプレイングで自分たちのチームができなかったことを他のチームができたときは、非常に悔しかったですが、社会人になる前に、臨機応変な対応をどのようにするといいのかを身をもって確認でき、有意義な時間を過ごせました。学長率いる短大教職員のユーモアあふれる演技、気持ちの込められた講評のおかげで、笑顔の多い、楽しいマナーコンテストとなりました。チーム名の「一魅理」に込めたように、これからも、自分たちの魅力を理解してもらうことを意識し、相手と自分のパーソナルスペースを1mm単位で気を付けて尊重していきたいです。

【チーム学友会執行部】経営実務科 1年次 K·Sさん(石川県 七尾高等学校出身)
出演したどのチームも授業で習ったことが活かされており、最初と比べると、みなさんの成長を感じることができました。また、私自身もロールプレイングの中から改めて学んだことも多々あり、社会に出る前に確認できて良かったなと思いました。運営側としては初めて1年次生だけで運営する行事だったので、2年次生がいないという不安はありましたが、学友会執行部1年次全員が一丸となって取り組むことができ、新学友会執行部として良いスタートを切ることができたなと感じております。

チーム横野ゼミが表彰されました。