金沢星陵大学女子短期大学部

NEWSSei-Tan News!

Sei-Tan News!

【就職】ほし☆たび同窓会開催!世界一周で人生を変えた体験談を聞きました!

2018.04.26

3月19日(月)

昨年の夏、ほし☆たび上海2017に参加して「海を越え、ジブンを超える」を体験した学生が再集結。更に視野を広げることを目的に、『世界一周旅行体験談』を飯貝 誠氏に講演いただきました。
 
飯貝氏は、大手企業で7年間社会人を経験した後、世界一周の旅を実現!アジアから南米に至るまで2年間で訪れた国は約32ヵ国。奇跡の絶景と言われるボリビアの天空の鏡「ウユニ塩湖」での感動体験や写真、アルゼンチンで現地人宅に住み込みしたエピソードなど、学生たちは興味津々。大学のうちに挑戦するといいこと、学ぶといいことのアドバイスもいただき、ほし☆たび以降のチャレンジを仲間と共有し、濃厚な時間を過ごしました。
—講師についてー
飯貝 誠(いいがい まこと)氏
1982年、石川県生まれ。地元の高校を卒業後、神戸大学に進学。大手IT企業でシステムエンジニアとして7年間勤務。
2012年8月から2014年10月まで奥さまと2人、世界一周旅行に出かける。
帰国後、高校生を対象とした学習塾「タビト學舎」を加賀市大聖寺で開校し、現在塾長として教鞭をとっている。また、現在は一般財団法人あくるめの理事としても活動中。学習塾を拠点に、若者子育て支援や町づくりの活動にも携わっている。

ほし☆たび上海2017から帰国して、この半年でチャレンジしたことや今後の目標

A・Kさん(経営実務科 2年次 石川県 小松商業高等学校出身)
  1. 留学生との交流:自分から誰かと仲を深めるために行動すること
    バディプログラムを通じて主に台湾の留学生と交流しています。私はあまり人に積極的に話しかける性格ではないのですが、ある留学生に年始の挨拶も兼ねて色々と話題を振りました。すると共通の趣味を見つけることができ、その留学生からも連絡をくれるようになり、以前より仲良くなれました。自分から新しい誰かと仲を深めた貴重な経験でした。
  2. 外国人観光客へのちょっとした気遣い:相手のために考えて行動すること
    以前金沢駅で外国の方々にバスの乗り方について尋ねられ、私はその際1つちょっとした気遣いをしました。それは「どのチケットを持っているか?」聞いたことです。乗車券が違うと間違えて乗車する方々をよく見かけていたからです。その後日本語で「ありがとう」と言ってもらえ、とても嬉しく相手のために、しかも外国人に自ら働きかける大切さを実感しました。
  3. インターンシップへの参加:仕事への理解・興味、将来への前向きな考え方
    就職活動に向けて何かしたかったので、数社参加しました。その結果「こういう仕事も良いな」と発見することができましたし、自分の将来や自分に対しても前向きに考えられるようになりました。インターンシップに参加する前までは分からなかったことだと思うので、将来の選択肢を増やすことができた良い経験だったと感じています。

A・Mさん(経営実務科 2年次 石川県 羽咋高等学校出身)
  1. キャリア実習の授業で積極的に発言
    具体的にはディスカッションのとき、皆の意見を聞き、それに沿ったアイディアを出すようにしました。また、自己紹介するときにも必ずベストスピーカーに選ばれるようほし☆たびの経験を活かしました。その結果、ベストスピーカーにも多く選ばれ、成績も前期B評価から後期はS評価になりました。
  2. 苦手意識を感じているものに挑戦
    ほし☆たびの研修内容には、私が苦手と感じているものが多かったのですが、船の中で一緒に頑張って取り組む仲間がいたことなどで乗り越えることができました。今はやめようと思えばやめられることでも、諦めずに最後まで挑戦しています。そのおかげで、パソコンスキルや対人スキルを身につけることができました。
  3. アルバイトをするときに自分から動こうと意識
    これを意識するようになってから、相手の気持ちになって物事を考えられるようになりました。「こうしたら相手も助かるんだろう」と思えるようになりました。
今後も達成できたと感じるものは、続けていきたいです。しかし、現状に満足するのではなく更に磨いていけるよう頑張りたいです。そのためにもゼミ活動やアルバイト、就職してからも自分が必要と思ったらどんどんチャレンジしていきたいです。今回受け取ったほし☆たび写真&レポート集にもあったように「失敗して後悔するより、やって必ず収穫にする」という気持ちを忘れず取り組んでいきます。この気持ちを忘れそうになったら、自分がほし☆たびで得た経験やその後に心に決めたことを思い出し、自分の頑張りの糧にしていきたいです

M・Hさん(経営実務科 2年次 石川県 小松商業高等学校出身)
  1. MOONSHOT講座やメンタイコ合宿に参加したこと
    MOONSHOT講座に参加したことによって自分に自信を持てるようになり、また、行動力も得ました。ほし☆たびに参加する前は一人で決断ができず、「自ら考え行動すること」が大切だと分かりました。また、就職活動でも一人での行動する場面がたくさんあるので、常にしっかり意志をもって行動していきたいです。
  2. 資格取得にたくさん挑戦したこと
    資格取得に挑戦したことにより、継続力を得ました。日商簿記や秘書検定など6つの検定に挑戦しました。正直受かったものと落ちたものもあり悔しい思いもしましたが、それに向けて努力して勉強したことは自分にとって大きな自信になったので、今後も何事にも継続することを大切にしていきます。
  3. バスケットボールサークルに所属したこと
    私は、入学当初運動がしたくてサークルに入りたいと思っていましたが、なかなか勇気が出ずサークルに入ることはできませんでした。しかし、ほし☆たびに参加し「有言実行は大切!」と学び、秋ごろにバスケットボールサークルに所属することを決めました。所属後は自分の好きなバスケットボールをやりながら、多くの人と関われて良かったです。
今後も大きく3つのことを目標とします。
・分からないことは質問するけど一人で判断、決断しないといけないことは自ら判断する
・私は考え込む性格があるので思ったことはメモしたり、予定をスケジュール帳でしっかり管理して行動するよう心掛ける。
・今後も多くの人たちと出会う機会を設けて、人との関わりを大切にする。そのために、第一印象として笑顔を心がける