金沢星陵大学女子短期大学部

NEWSSei-Tan News!

Sei-Tan News!

【ゼミナール】今年もバディプログラムに参加しています(横野ゼミ・プレゼミ)

2018.09.26

9月19日(水)

9月に台湾から4名、中国、インドネシア、フィリピンから各1名の計7名の留学生が金沢星稜大学で学ぶために新たに来日しました。本学ではバディプログラムを通して留学生の生活支援、日本語支援、友達作り支援を行っていますが、今回は支援を行う20人のバディ全員がプレゼミ生及びゼミ生となりました。9月19日に行われた留学生オリエンテーションでは挨拶·紹介の後3~4人程度のグループに分かれて自己紹介をしました。趣味、好きな歌手の事など、初対面とは思えないほど打ち解けた雰囲気で会話が弾みました。これまでバディプログラムに参加した学生の中には、卒業後もまだ留学生と交流が続いている人たちもいます。留学生にとって頼もしいバディとしてサポートしてあげることは勿論、自分自身にとってもかけがえのない経験になるよう願っています。(担当教員より)

バディプログラム
Buddy Program

留学生のみなさんには、日本での勉強や生活をサポートしてくれる日本人の友達バディがいます。
International students have buddies who support your study and life in Japan.

1.生活面でのサポート Support for school life
2.日本語面でのサポート Support for Japanese
3.友達作りのサポート Support for making friends

困ったことがあったら、バディに気軽に聞いてください。
Feel free to ask your buddy for support !


学生のコメント

経営実務科 1年次 A·Mさん (石川県 小松商業高等学校出身)
留学生と交流して最初の不安がなくなりました。皆さん楽しい方たちばかりで、私のバディは特に表情豊かで楽しい人でした。サエラのカレーを食べながら、「今まで食べたカレーの中で一番おいしい!」と感動している姿を見て可愛いなと思いました。これからバディともっと仲を深めていきたいと思いました。

経営実務科 1年次 A·Zさん (石川県 羽咋高等学校出身)
最初は「どんな人がバディになるのだろう」と楽しみと同時に「上手く接することができるのか」という不安があったけれど、実際にバディと会うと、とても明るい性格で、話をしていてとても楽しかったから、ほっとしています。お互いに時間があればまたいろんなことを一緒に経験していきたいと思います。

経営実務科 1年次 M·Nさん (富山県 新湊高等学校出身)
私はオリエンテーションに参加できなかったので、20日の日に留学生のうちの2人に会いに行きました。2人とも日本語がとても上手だったので驚きました。台湾出身の2人だったので台湾と日本の違いもたくさん教えてもらって文化のギャップを感じることができました。

経営実務科1年次 E·Iさん(石川県 大聖寺高等学校出身)
始めて留学生と会ったときは正直緊張しました。私の担当は台湾の男の人で大学4年生の人でした。とても日本語が上手でびっくりしました。得意なことはカラオケで、歌やダンスがとても上手な人でした。文化祭の時にAAAを踊って歌った動画を見せてくれました。少し人見知りなのか口数の少ない人でした。これからもっと仲良くなってたくさん助けてあげたいと思いました。他の留学生とも関わりました。皆やっぱり日本語はペラペラでした。これからいろんな国の人と仲良くなっていきたいと思いました。