金沢星陵大学女子短期大学部

NEWSSei-Tan News!

Sei-Tan News!

【就職】「船を降りてからが本番!」ほし☆たび上海2019同窓会を実施しました

2020.03.06

2月14日(金)

2019年9月10日神戸港を出港し、帰国してから約半年たった先月、クルーとスキッパーの計51名が再集合しました。

初めてのチャレンジを共に乗り越えた懐かしいメンバーと再会。配布された「ほし☆たび参加後のレポート」をまとめたフォトブックを読んで気持ちを新たにし、ほし☆たび後の変化、チャレンジを発表。改めて今後の目標を宣言しました。

思い出の水餃子や、円い形がだんらんを表す月餅などを食べ交流した後に、「世界一周を終えて得たもの」をテーマにしたお話をタビト學舎代表、飯貝 誠さんからしていただき、新たな刺激を受けて終了しました。

参加学生のコメント

経営実務科 1年次 M・Mさん(富山県 富山北部高等学校出身)
自分を自分の力で変えるキッカケになった旅でした。
ほし☆たび後の変化としては、①就職活動に対して前向きに考えられるようになったこと。今までは入学して1年で就職活動を行わなければならないことに不安を感じていました。しかし、ほし☆たびを終えて、ほし☆たびや授業で学んだことをすぐに活かせることに楽しみを感じるようになりました。②失敗を「成長するチャンスだ」と捉えられるようになったこと。今までは失敗するとあたふたしていたが、どう切り返すかを考えるようになり、失敗をプラスに活かすことができるようになりました。③積極的に行動できるようになったこと。授業内のプレゼンに自主的に参加するようになったり、就職活動に向けて行動するようになりました。海外に行った経験を活かして、1人で日本各地を旅行するようにもなりました。
今後は、自分のことをしっかりと見つめ、理解できるようになったので楽しんで就職活動を行いたいです。

経営実務科 1年次 R・Yさん(石川県 小松商業高等学校出身)
ほし☆たびは、自分の考え方を変える、自分を積極的にする旅でした。 世界一周をされた方のお話を伺って、世界に出て、現地の人々と関わることで日本では見られないものを見ることができ、日本人とは違う積極的でオープンな人と関わると、自分の価値観を変えることができるとわかりました。映像を見ていて、外の世界には私たちにはない部分を持つとても素敵な人がたくさんいて、そうした人と関わることで自分も素敵な人間になれるのだろうと思いました。
もっといい自分になるために、また新しい場所に行きたい、知らない人と関わっていきたい、と思います。
経済学部経済学科 1年次 M・Kさん(石川県 金沢錦丘高等学校出身)
この同窓会に参加するまでは、ほし☆たびを終えてから自分のやってきたことがほんの小さいことに思えて、みんなの前で発表するのに緊張していました。
実際に久しぶりに同じメンバーで集まると、夏休みの1週間でみんなで乗り越えてきたこと、学んだこと、楽しかったことが思い返されて、またほし☆たび後の新鮮な気持ちが思い返されました。みんなの前で発表して、みんなの話を聞いて、自分のやってきたことは間違いではなかったなと思えたし、これからもいろいろなことに挑戦していきたいと思いました。世界一周された飯貝さんのお話はとても刺激になりました。3年後にスキッパーとしてこの旅に戻ることを目標にまた頑張ります。