OPEN

税理士法人中山会計/経済学部経済学科

税理士法人中山会計
経済学部経済学科 I・Kさん(石川県 野々市明倫高等学校出身)

税の専門家として企業の経営を支え、地元の発展に貢献できる存在を目指します。
まれ育った地元に貢献したいと思い、地元への就職支援にも手厚い金沢星稜大学に進学。入学前はまだやりたいことが明確に決まっていなかったため幅広く学べる経済学科を選びました。

1年次にCDP会計を受講し、簿記の楽しさに出会ったことでさらに学びたいと思うようになりました。CDPは学年が上がるにつれ授業のスピードが早くなり難易度も上がっていき、予習復習のウェイトも大きくなります。正直何度も心が折れそうになりましたが、そんな時に支えとなったのがCDPで共に学ぶ仲間の存在です。簿記論の試験は1年に1度だけ。そのためモチベーションを維持することが難しかったのですが、目標に向かって切磋琢磨できる仲間がいたことは本当に心強かったですね。
簿記を学ぶ中で次第に「税の専門家となりお客様に信頼される存在になりたい」との思いが芽生え、会計事務所への就職を決意。内定先のインターンシップに参加し、社員の方々の日々挑戦する姿勢や温かな雰囲気に触れられたのも決め手の一つです。就職後は、地元企業の経営を支え、信頼されるパートナーとして貢献したいと思います。

大学生活は自由な時間が多く、熱中できるものを見つけるのに十分な時間があります。「とにかくやってみよう」という気持ちを大事にすることで、私の場合はサウナやキャンプといった趣味ができ、勉強の息抜きやリフレッシュになりました。まずは行動し、挑戦する。そのことが自分の知見を広げ、大きな成長に繋がったのだと思います。金沢星稜大学には、そんな姿勢をサポートしバックアップしてくれる環境が整っています。熱中できることを見つけ、全力で取り組んでください。

my MUST ○○

マッスル目覚まし時計

高校生の時から使っていて、毎朝の早起きを支えてくれた目覚まし時計です。目覚まし音は「キレてるよ!」「お休み僕の筋肉達…」などのボディビルダーへの掛け声。この時計が僕のグッドリズムを作ってくれました。早起きを習慣づけ、毎朝気持ちのいいスタートを切れたのもこの時計のおかげです。