OPEN

株式会社マイナビ/経済学部経済学科

株式会社マイナビ
経済学部経済学科 A・Rさん(富山県 水橋高等学校出身※現富山北部高等学校)

自分から行動することで見えてきた将来像。何を得るにも足を動かすことから始まります。
来の夢がはっきりとは決まっていなかったため、幅広い分野が学べる経済学部を選択。実家から近いことに加え就職支援の手厚さに惹かれ金沢星稜大学に入学しました。

大学の4年間は社会に出るための準備期間と考え、就職後の生活に直結する学びに力を入れました。例えば「金融リテラシー」。ファイナンシャルプランニング検定は2年次に3級、3年次に2級を受検しそれぞれ一発合格。経済や金融の知識だけでなく、言葉遣いなども大学時代に修得できたものの一つです。大手コーヒーチェーン店でのアルバイトでは、お客様や共に働く仲間と接する中で、コミュニケーション能力を磨くことができました。例えば夕方、スーツを着たお客様が来店された際には、「お仕事帰りですか?お疲れ様です。」といった声掛けをすることで、相手との距離の縮め方を身につけることができました。
就職活動が本格化しても希望業界を絞っていなかったため、視野を広く持ちながら就職先を見つけようと心がけていました。多くの企業のインターンや説明会を通じて焦点を当てるようになったのは「人」と「規模感」です。内定先で働く皆さんは面接や座談会において毎回笑顔で接してくださり、事業展開が幅広い点にとても魅力を感じました。社会人になった後も、出会いと経験を大切にし、4年間で培った知識とスキルを活かしたいと思います。

自分の目で見て情報を得るために大切にしていた「行動量」。自分のことを一番よく知るために、自分に正直であるために、どんな情報も自分の足で掴むことを第一に考えて行動していました。どんな選択をしようとも、どんな環境に身を置こうとも、正解に導くのは自分次第。努力と休憩を上手く使い分けながら、皆さんも誰よりも大学生活を楽しんでください。

my MUST ○○

仲良くなったアルバイト先の皆と一緒に

アルバイト同士の仲がとてもよく、誰かの誕生日が来るたびに誕生日会を開催してお祝いしていました。大学生活を充実させられたのもアルバイト先の仲間の存在があったからです。