OPEN

新着情報

新着情報News & Topics

NEWS & TOPICS [ 2022年度 ]

【就職】ほし☆たび北海道2022スキッパーミーティング

2022年07月14日 就職・資格

7月11日(月)

後悔のない航海。「海を越え、シブンを超える。」をテーマに、2010年より実施し20回目となる船上研修ほし☆たび。
2022年の行き先は北海道。第20代のスキッパー8名が決定し、顔合わせとミーティングを経て、クルーを含む「参加者説明会」を実施しました。

※スキッパーとは、競技ヨットでかじ取りをする役割の人を指します。 納得の進路を決めた大学4年次8名が、クルー46名の挑戦を支えるため、乗船します。

初顔合わせのスキッパーミーティングではまず、代々受け継がれてきた「スキッパーが忘れてはいけないこと十か条」を確認の上、自己紹介し、スキッパーの共通目標を決定、役割分担をしました。
まず個人の目標を決め、どんなほし☆たびにしたいか、自分の経験から「就活や公務員に向けて頑張る3年次に何を伝えたいか」、「1~2年次には何をしておいてほしいのか」を話し合い、共通目標を決めました。

スキッパー共通目標
『目と耳と心でクルーに寄り添い、笑顔で成長を促そう』

クルーはほし☆たびに何を求めているのか、参加してよかったと思うにはどうしたらいいか、クルーの前向きな行動のきっかけになるためには、スキッパーとしてどう振る舞えばいいかについて意見を出し合いました。
参加者説明会においてクルーの前で自己紹介し、共通目標を発表したスキッパーは、緊張して集合したクルーのアイスブレイクを大いに盛り上げてくれました。
クルーは、次回8月のキックオフ(結団式)に向けて、準備を進めます。

学生のコメント

【スキッパー:公的金融機関内定】経済学部経営学科 4年次 K・Aさん(石川県 金沢錦丘高等学校出身)
1年次の2019年に、内向的な自分を変えたいと思い、勇気を出してほし☆たび上海にひとりで挑戦しました。ほし☆たびを通じて「自分の意見を言うことは、チームで協力することの第一歩である」という新たな学びがあり、主体性を身につけられました。ディスカッションを重ねる度に感じた日々の成長は、その後の自信や勇気に繋がるものでした。
当時のスキッパーの皆さんは、共感し、気持ちを理解した上でアドバイスをくれました。一緒にヒントを考えてくれて、変化に気づいて伝えてくださったことが嬉しかったので、私もそれを目標にしたいです。

【スキッパー:(株)NTTデータ北陸内定】人文学部国際文化学科 4年次 M・Mさん(石川県 金沢桜丘高等学校出身)
1年次に参加したほし☆たび上海2019は、物事を決める時にとても迷ってしまう自分が、「やってみて失敗したとしても、それもよい経験だとポジティブに捉えればいい」と思えた経験でした。非日常の中で、普段話さないクルーやスキッパーと接しながら、自分と真剣に向き合いました。
スキッパーとして伝えたいことは、「情報は待っていてもこない、自分から取りに行くべき」ということと、「果敢にチャレンジをしてほしい」ということです。自身の人柄が表れるようなチャレンジは、面接で話す貴重なエピソードになると思っています。