金沢星陵大学女子短期大学部

VOICE内定者の声

#2108『株式会社富山村田製作所』

チャレンジの連続が自信に繋がり、理想のカタチで就職活動を終えることができました。

#2108 T・Mさん

#2108 T・Mさん

  • 内定先:株式会社富山村田製作所
  • 出身校:富山県 八尾高等学校出身
普通科出身の私でも沢山の資格取得ができること、そして就職率や就職実績も高いことを知り、短期間で自分の強みを増やし、納得のいく就職ができる星短に魅力を感じて入学しました。
 
入学間もなく、星短オープンキャンパスプロジェクトに参加し、活動を行ってきました。1年目は全ての日程がオンライン開催だったため、見えない相手に伝えることに苦戦しました。生配信のためとにかく緊張していた私が心がけていたことは二つ。何度も原稿を読み込みゆっくり話すことと、伝えたいという気持ちを込めて常に笑顔でいること。メンバーに自分の担当パートを聞いてもらい客観的な意見をもらうことで、「伝え方」だけでなく「伝わり方」も意識しました。2年次には対面でも実施され、オンライン実施の時の経験を生かしつつ、相手の反応を踏まえて、身振り手振りを加えた説明や、高校生に積極的に声掛けを行い、気軽に話しかけてもらえる先輩のような存在を目指しました。参加者のアンケートの中には「すごく楽しかったのでぜひ星短に進学したいです」と書かれたものもあって、とても嬉しかったですね。
就職活動を進めるにあたって特に役立ったのは、MOONSHOT講座と添削アドバイザー制度です。MOONSHOT講座では、外部のプロ講師から具体的かつ実践的に就職活動について学べます。また、履歴書を先輩に添削してもらった時は、改善点を明確に提案してもらえ、長所を褒めていただいたことで、漠然とあった不安が自信に変わりました。内々定を頂いた企業は、地元にいながら世界を相手に大きな規模の仕事ができ、自分の理想とする職場です。高校生まで受け身だった私が、自分からチャレンジし、様々な経験を積んだことで得られた結果だと思います。
 
2年間という短い期間ですが、チャレンジの連続で自信が付き、とても充実した中身の濃い時間を過ごすことができました。皆さん、迷ったらまずはチャレンジを!!

MY Sei-Tan DAYs☆

オープンキャンパスで星短の魅力を発信!

2年間を振り返って思い出深いのは、やはり「星短オープンキャンパスプロジェクト」の活動です。高校生に星短の良さを伝えるため、話しやすくて楽しいと思ってもらえるようなオープンキャンパスを目指しました。私にとっても本当に楽しくて充実した日々でした。