短大概要

篠崎 尚夫学長

篠崎 尚夫 学長

明日輝く、女性になる。

「星短は女子大ということもあって、すごく華やかなのですが、検定の前やテスト前には皆やる気になって学校の中の雰囲気が変わるんです。『やるぞ』っていう雰囲気になります。遊びも楽しみつつ、自分の将来に向けて頑張ることができる短大だと思います」。
この言葉は、星短卒業生が残してくれたものです。星短の特徴を分かりやすく表しています。

夢を力に(Dreams for the Future)、2年で4年を超える!」をモットーに、納得のいく成果(地域社会で輝く女性の職場獲得)を学生の誰もが実現できるよう、星短は「学生-教員-事務職員」三位一体となって突き進んでいます。
「2年間の星短ライフ」を「選択し、集中する」ことによって、「星短は最短」で上記の成果を実現している「高の大」です。「大学案内」やHP等をよくみてください。しっかり確認してください。星短には「自信」があります。

学長としての、私の望みは、「星短を選び、星短ライフに集中できて、本当に良かった(今、幸せです)!」と、卒業生が、何年たっても心の底から思ってくれることです。そのために一所懸命頑張ります。

金沢星稜大学女子短期大学部 学長 篠崎 尚夫 (Takao Shinozaki)
このページの先頭へ