OPEN

キャンパスライフ

キャンパスライフキャンパスライフCampus Life

新しい学びの構築

2021年度新入生より全学生にタブレットを貸与。デジタル社会に適応できる人材の育成を推進します。

金沢星稜大学では、デジタル技術を活用することで、AI導入などの大きな社会変化にも対応できる人材の育成を目指しています。
その一環として、2021年度より、「e生活文具」として、 新入生全員にタブレットを無償で貸与。授業の事前・事後学修や、参考資料の閲覧、課題提出、遠隔授業の受講に加え、学外でのフィールドワークなど、学修における様々な場面で活用します。

e生活文具でできること

学修管理システム上の配布資料や各種の教材、電子メール、図書館文献検索、学内印刷サービスなど、大学の様々なデジタルサービスがiPadからすべて利用できます。もちろん、学内は常時インターネット接続が可能。
レポート作成などに欠かせないOffice365(Microsoft)もインストール済み。保護ケース一体のキーボードを使えば、レポートのテキスト入力も効率よく行えます。
カメラとマイクが標準搭載されているので、オンライン授業もこれ1台で対応できます。

授業では、これまでの紙ベースの資料も電子化することでスムーズに共有。学修管理システムを通じて、授業内でのリアルタイムアンケートなども可能となるなど、双方向での活用も実現します。

本学では、2021年度以降も対面授業と遠隔授業を併用して実施します。これまで、とりわけ大人数講義では、先生から学生への一方向の授業が多く、学生が受け身で学ぶスタイルでした。そうした受け身の知識のインプットに遠隔授業を活用し、対面授業では、少人数でのディスカッションなどに特化したアクティブラーニングを積極的に実施します。
本学が目指すのは、コロナ禍における社会情勢の変化へスムーズに対応できることに加え、多様で高度なデジタル技術を積極的に活用することで、自ら「学び」、自ら「考え」、自ら「判断する」、能動的な学修スタイルを確立することです。
学修管理システムの更新・新規導入などの環境整備を進め、大学全体として、リアルとオンラインの区別なく、いつでも・どこでも、能動的に学んでいける、これからの時代に求められる新しい学びのスタイルの構築に向けた取り組みを行っていきます。
・iPadの名称およびそのロゴは、米国Apple Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
・Office 365は、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における商標または登録商標です。

カテゴリトップへ