OPEN

大学案内

大学案内大学案内Seiryo Outline

大学概要

建学の精神  「誠実にして社会に役立つ人間の育成」

大学憲章

目的・使命

建学の精神『誠実にして社会に役立つ人間の育成』の実現を目的に、学都金沢において経済学・経営学及び人間科学を探求する高等教育機関として、地域の発展に貢献することを使命とする。

教育

『誠実な人間』を目指して人間性・社会性を磨き、『社会に役立つ人材』を目指して分析力・総合力・実践力を鍛錬する。経済学部においては、全学年に及ぶゼミナールの総合体系を教育の中軸にすえ、人間科学部では人間関係力を高める『フィールド演習・実習』を根幹に設定する。

研究

人類普遍の課題に立ち向かうとともに、地域社会固有の現実的課題の解決に努め、『地域とともに歩む大学』として、着実な研究成果を地域社会に還元する。

教員の行動規範

  1. 『誠実にして社会に役立つ人間』を育成するよう努めるとともに、絶えず学生の模範となるように行動する。
  2. 学生・院生の成長・自立への支援を自己の任務の第一義と心得、教育・研究活動を推進する。
  3. 自己の活動が、『教育』『研究』『地域・社会貢献』『大学行政』の4分野に及ぶことを自覚し、長期的視野にたって、バランスのとれた活動に心がける。
  4. 個性を伸ばす教育活動・システムの充実・発展に努める。
  5. 絶えず自己研鑽・自己改造に努めるとともに、相互批判・相互援助を通じて同僚教員の成長発展に寄与する。

学生の行動規範

  1. 『建学の精神』を尊び、『誠実にして社会に役立つ人間』として成長するよう努める。
  2. 勉学に励み、現代社会に生きる素養と能力を身につけ、豊かな学生生活を目指して自主的活動に意欲的に関わる。
  3. 人を思いやる心を培い、積極的に人の輪づくりに参画して人間力の向上に努める。
  4. 豊かで平和な社会の実現に関心を持ち、地域の活動に積極的に参加する。
  5. 健康・生命・財産を大切にする心をはぐくみ、社会のモラルを尊び、社会的秩序を維持し、法令を遵守する態度を身につける。
  6. 未来が自己の双肩にかかっていることを自覚し、社会正義を実現する担い手として広い視野と長期的展望をもって思考し実践する人物に成長するよう努力する。

沿革

1966年(昭和41年) 学舎第1号館竣工
1967年(昭和42年) 金沢経済大学設置認可
1967年(昭和42年) 第1回入学式
1968年(昭和43年) 学舎第2号館、管理棟竣工
1969年(昭和44年) 金沢経済大学体育館竣工
1971年(昭和46年) 武道館竣工、情報処理センター竣工
1971年(昭和46年) 第1回卒業式
1971年(昭和46年) 経済学部二部開設(夜間部)
1973年(昭和48年) 経済学部一部に商学科新設
1976年(昭和51年) 学舎第3号館(大講義室棟)竣工
1984年(昭和59年) 学舎第4号館竣工
1985年(昭和60年) 経済学部一部商学科定員増認可
1988年(昭和63年) 学舎第5号館竣工
1989年(平成元年) 稲置記念館、トレーニングセンター竣工
1992年(平成4年) 総合運動場竣工
1996年(平成8年) 金沢経済大学本館竣工
2000年(平成12年) 経済学部一部にビジネスコミュニケーション学科新設(商学科募集停止)         
2001年(平成13年) 学生ホール(サピィ・インターフェイス)竣工
2002年(平成14年) 金沢星稜大学に大学名変更
大学院・地域経済システム研究科(修士課程)開設
2004年(平成16年) 経済学部一部に現代マネジメント学科新設
2007年(平成19年) 人間科学部「スポーツ学科」「こども学科」新設
2008年(平成20年) 大学院・地域経済システム研究科(修士課程)を経営戦略研究科(修士課程)に改称
2009年(平成21年) クラブハウス竣工
2010年(平成22年) 経済学部二部(夜間部)募集停止
2010年(平成22年) 経済学部「現代マネジメント学科」を「経営学科」に名称変更
2011年(平成23年) 星稜幼稚園を金沢星稜大学附属星稜幼稚園に園名変更
2011年(平成23年) 星稜泉野幼稚園を金沢星稜大学附属星稜泉野幼稚園に園名変更
2012年(平成24年) キャリアデザイン館・メディアライブラリー竣工
2012年(平成24年) 経済学部経済学科の収容定員の増加
2014年(平成26年) 人間科学部こども学科の収容定員の増加
2014年(平成26年) 人間科学部スポーツ学科に特別支援教育課程を設置
2015年(平成27年) 経済学部一部を「経済学部」に名称変更
2016年(平成28年) 人文学部国際文化学科新設
2016年(平成28年) グローバルコモンズ竣工

カテゴリトップへ