OPEN

三好 伸子

三好 伸子Associate Professor MIYOSHI Nobuko

「みて、まねて、ちょっとやってみる」保育実習の準備ができているか?

役職 准教授
専門領域 臨床教育学
関連キーワード 語りの研究/ラーニング・ストーリー(子どもの育ちの記録)

保育実習事前事後指導Ⅰ

授業内容

保育実習は学生の間に経験できる貴重な体験です。実習が実りあるものになるように、事前学習では、手遊びや絵本など遊びの準備、記録と指導案の書き方の学習、指導案を使った模擬保育などを行います。実習で自分の力を発揮できるように仲間と学び合います。実習後は体験を生かして理論と結び付けて考え合います。

ゼミナールでの研究内容

『子どもの育ちをとらえるラーニング・ストーリー』のテキストを用いて、保育記録について学びます。その学びを活かして保育現場に行き、子どもや保育者の観察をして記録をとり、子どもの育ち(育とうとする姿)や保育のよさに気づいていきます。互いの想いを聴きあいながら子どもの「育ち」への理解や自己理解が深まるカンファレンスの姿勢が自然に身に付きます。

卒業研究のテーマ例

■「ラーニング・ストーリーの手法を取り入れた子育て支援のための記録」(仮)
■「子どもの育とうとする姿をとらえるラーニング・ストーリーの活用」(仮)