OPEN

経済学科

三つの方針三つの方針Department of Economics

経済学科/三つの方針

※2022年度入学者向け

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

経済学科では、以下の能力を身につけた学生に学士(経済)の学位を授与します。
  1. 知識・理解
    幅広く深い教養を身につけ、また、経済学の専門知識を理解している。
  2. 汎用的技能
    地域におけるビジネスや行政の場で、経済原理に即して課題を発見・分析し、解決方法を導き出すことができ、また、的確なコミュニケーションをとることができる。
  3. 態度・指向性
    高い倫理性を指向し、目標達成のために自己管理力を備え、チームワークを発揮できる。
  4. 統合的な学修経験と創造的思考力
    学修を通じて身につけた知識、汎用的技能、および態度を統合して、課題解決につながる創造的なアイデアを生み出すことができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

経済学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に挙げた能力を学生に身につけさせるため、以下の方針により教育課程を編成し、実施します。
 
  1. 教育課程の編成の方針
    経済学部の教育課程の編成の方針に準じます。
  2. 教育内容・学修方法に関する方針
    経済学部の教育内容・学修方法に関する方針に準じます。経済学科の学科必修科目、学科選択必修科目、および学科選択科目は、以下のような科目により編成します。
    (1)学科必修科目
    学部必修科目の応用にあたり、経済を一国全体で分析するマクロ経済学および家計や企業の行動から分析するミクロ経済学の科目。
    (2)学科選択必修科目
    学部必修科目や学科必修科目で学んだ経済理論や経済分析手法を基礎として、現実の経済制度の仕組みや経済の諸問題などを学ぶ科目。学生が学びやすいように、以下の3つの領域に区分します。
    ・統計・経済理論系:経済理論や経済分析手法を学ぶための科目
    ・経済政策・応用経済学系:政策、地域、および国際の各分野に属する科目
    ・歴史系:歴史分野に属する科目
    (3)学科選択科目
    商学系、法学系および教職系の科目
  3. 学修成果の評価の方針
    経済学部の学修成果の評価の方針に準じます。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

経済学科では、以下の学力、意欲、興味を持つ人を求めます。
  1. 知識・技能
    社会の中で働くための専門知識を修得し、ビジネスや行政、地域経済において活躍するための実践的な能力を培うポテンシャルを持つ人。
  2. 思考力・判断力・表現力
    課題を分析・解決する方法を学び、社会の中でそれらを用いる力を培うポテンシャルを持つ人。
  3. 主体性・多様性・協働性
    社会から即戦力として期待され、評価される人材たらんとする気概を持った人。

学部トップへ学科トップへ