ゼミナール

Department of Global Englishes

国際英語学科/ゼミナール

グローバルな視点から国際語としての英語について専門性を磨く。

言語学はもちろんのこと、社会学・心理学・教育学など幅広い側面から言語を専門的に学ぶことができます。

Department of Global Englishes Seminar

教授:田中 富士美
准教授:嶋村 貢志/前田 昌寛/リンチ ギャビン
助教:松本 大貴
【前田ゼミナール】Second Language Acquisition (SLA): How do people acquire and use language?
グローバルイングリッシュ系の専門ゼミとして、「言語は実際にどのように使用されるのか」という応用言語学の面や、「言語を人間の心理的側面」でとらえてみる心理言語学の面から学修を深めます。ただ単に「英語が好き」「英語がうまくなりたい」から一歩踏み出して、英語を学ぶ意味、英語の学び方、扱うテキストの条件(物語文なのか説明文なのか、推論しやすいのか否か等)による読解の差などを専門的に考えます。これまでにゼミ生は、「色彩と英単語記憶の関係」「シャドーイングにおけるスクリプト使用の効果」「英語学習における不安要素」「フィンランドの英語教育」「英語の丁寧表現」「フォニックス」について研究報告書を書いています。

身につく力

書籍や論文からしっかりと先行研究を引用し、調査や実験を行ったうえで考察し、論理的に説明する力がつきます。
【田中ゼミナール】English as a Lingua Franca and World Englishes from Various Perspectives
World Englishes、世界諸英語とは様々な歴史背景で世界に広まった英語。English as a Lingua Franca、国際共通語としての英語とは、異なる母語を持つ話者同士が共通するコミュニケーション手段として英語を使用し、英語が共通語の概念を持つこと。英語の非母語話者が「媒介言語」「付加言語」として英語を使用する、そのユーザーの数は母語話者をはるかに超えるおよそ20億人と言われています。このことを念頭に、英語という言語の本質と、英語ユーザーになることの目的、意義を再認識し、なぜ私たちは英語を学んでいるのか—言語政策のありかたも含め、英語が人々の生活に与えるインパクトを多角的にみていきます。

身につく力

たくさんの文献を読み、多面的に「英語」という言語の社会的現状を理解します。また、共通語とは何か、世界の人々にとっての言語とは何かを論理的に考察します。
【ブローダウェイゼミナール】Interdisciplinary Perspectives in the Humanities
人文科学には、歴史、文学、哲学など、多くの学問分野や下位分野が含まれています。しかし、言語はこれらすべてにおいて中心的な役割を果たしています。言語は人類文化の核心であります。言語がなければ、人類は私たちの身の回りにあるような素晴らしい複雑性をすべて発展させることはできなかったでしょう。言語は文化の「OS(オペレーティング・システム)」であると言ってもよいでしょう。このゼミでは、英語学を中心に議論しながら、人文科学の様々な分野間でのつながりを考えていきます。新たなつながりや類似点を探っていきます。年間を通して、自分の興味のあるテーマを見つけ、学問的な問いを立て、研究計画を立ていきます。

身につく力

既成概念にとらわれず、学際的でユニークな視点から研究テーマを設定する方法を学びます。さらに、英語の4技能をすべて練習する機会も多くあり、「読む」「書く」「聞く」「話す」という力を身につけます。